個性というものは、髪を金色に染る� �か、青いアイシャドーをつけるとか� ��そんなものではないのです。
超一流の国際展のレセプションに出� �してみると、実に面白いことに気づ� ��ます。芸術家っぼい変わった服装を している人は、まず出品している作� �ではありません。そうなりたい二番� ��の連中や「とりまき」です。本人た ちはグレーのスーツにノー・ネクタ� �とか実に地味なものです。びっくり� ��るような格好で歩いている芸術家が いたら、まず間違いなく作品は大し� �ことありません。本物の芸術家とい� ��のは、夢中になってものをつくって いるので、他人から見て服装が個性� �かどうかなどということには全く関� ��がないのです。
 ギリシャ、エジプトの美術を思い� �してください。個性的に描こうなど� ��は決して思っていない作品です。だ からこそ、その時代という強い個性� �結果的に浮かび上がっているのです� ��大切なのは普通の人が見て、なんで 今までこれがなかったのだろうと思� �るような、(  ①  )の独創性� ��いうことです。良いものは全てずっ と前からあってもおかしくないと思� �れるような、そんな普通で確かなも� ��です。今まで気づかなかった、それ に気づくということ、その新鮮な切� �口こそ求められているものなのです� ��
(千住博「絵を描く悦び」による)
・レセプション:招待会。

問1 (  ①  )に入る適当な語はどれか。
1 格好
2 個性
3 切り口
4 作品

問2 筆者が考える個性的な作品とはどの� �うなものか。
1 今までになかった奇抜な作品です。
2 本人の性格や特徴が浮かび上がって� �るような作品です。
3 どこにでもあるようなものを、今ま� �にない観点からとらえた作品です。
4 個性的に描こうなどと思わないで自� �に描いた、普通で確かな作品です。

View more random threads: