ノーベルはダイナマイトを発明し、� �の技術にまさしく爆発的な進歩をも� ��らした。彼の発明は人々の福利に貢 献して、彼もまた自分の功績に満足� �ながら、生涯の幕を閉じることがで� ��たはずだった。しかし、ダイナマイ トは兵器として使われ、大量殺戮に� �ざましい力を発揮した。ノーベルは� ��自分の発明に充足を得ることができ ず、ノーベル賞が創設されることに� �った。このよく知られた事実は、20 世紀の科学と技術について、大変重� �な示唆を与えてくれる。このノーベ� ��賞は 20 世紀の科学技術を推進するのに大き� �役割を果たしてきた。しかしながら� ��①さまざまな「ダイナマイト」もま た、その過程でつくられてきたので� �る。

科学はそのもの自体のために進歩す� �が、技術の進歩にはそのようなこと� ��ない。技術はそれを利用して何かを なそうという意図の下に発展する。� �争を機として飛躍的に技術が進歩す� ��ことがあるのである。この事実は、 技術が誤って使われる例のあること� �関係する。毒ガスや地雷のような大� ��、無差別の殺戮兵器がどうして生ま れたのか。技術の進歩に関連して、� �のことは意識しておいてしすぎるこ� ��はないかもしれない。
(岩槻邦男氏の文章より)
・ダイナマイト:【dynamite】ニトログ リセリンを基剤とした爆薬。

問1 ①「さまざまな 『ダイナマイト』」とあるが、それ� �何を表しているか。
1 誤った目的に使われた発明品。
2 人の技術に爆発的な力をもたらすも� �。
3 発明した人が充足感が得られないも� �。
4 人を殺戮する兵器。

問2 本文を通して筆者が述べたいことは� �か。
1 人々の福利のために、これからも科� �の研究を推進しよう。
2 人類の生存を脅かすような技術の開� �を直ちに中止する必要がある。
3 技術というのは、戦争のときにこそ� �躍的に進歩するものだ。
4 技術は誤った目的に使われる危険が� �にあることを忘れてはいけない。