文化人類学の領域で、文化について� �定義は学者によって様々ですが、私� ��アメリカの人類学者、c・k・クラッ� ��ホーンの定義をよく用います。すな わち、「文化とは歴史的、後天的に� �成された、内面的および外面的生活� ��式の体系である」という定義です。 文化という語には高い教養とか洗練� �れたというイメージが結びつきがち� ��すが、それも含めて、「生活の仕方 そのもの」が文化なのだという考え� �です。

道徳や価値観のような目に見えない� �の作用も、家の建て方や挨拶の仕方� ��ど目に見えるものも、どれも人が家 族や地域社会のなかで後天的に習得� �たものです。それが歴史的に変化し� ��発展したり衰えたりするのです。

もとより言葉も文化の重要な要素の� �つであり、しかも文化の特徴や個性� ��、言葉にはっきりと表れると言われ ています。(1)それは単に発音の� �かたや文法の違いに出るだけではな� ��、自然現象など「物事のとらえ方」 や、悲しみや喜びのような「心の動� �」の表現にも、地域の方言や言語の� ��性が表れるてくるのです。
(比嘉政夫『沖縄からアジアが見え� �』より)
問1 (1)「それは」の「それ」は何を� �しているか。
1 生活の仕方     2 文化の特徴や個性
3 後天的に習得したもの 4 目に見えない心の作用

問2 筆者が述べている内容と合っている� �はどれか。
1 地域の方言や言語の個性は、発音の� �かたや文法の違いというより、「心� ��動き」の違いに現れる。
2 文化というのは、人が後天的に習得� �たものであり、主に精神的なことが� ��を指している。
3 文化は歴史的に変化し、発展したり� �えたりするが、その中で最も変化し� ��くいのが言語である。
4 文化というのは、人々の暮らし方の� �体であって、道徳や価値観、教養と� ��ったものだけを指すのではない。