Bài này hơi dài nhưng dịch để hiểu 1 chút về quan hệ Nhật-Mỹ ngày trước :wink:

112年前の日米交友の手紙、ジョ� �万次郎のひ孫大磯の中濱さんが秘話� ��露/神奈川

幕末に偶然にも米国に渡って近代文� �を学び、帰国後は同郷、土佐藩(現� ��の高知県)の坂本竜馬や岩崎弥太郎 ら英傑に多大な影響をもたらしたと� �われるジョン(中濱)万次郎。波乱� ��生涯を通して日米友好を願い続けた 一人だ。万次郎のひ孫で作家の中濱� �彦さん(70)=大磯町在住=の手元� �は代々伝わる一通の手紙がある。送� ��主は遭難した万次郎を救った捕鯨船 船長の息子。「それでは両家にまつ� �る秘話を教えましょう」―。

◆渡米した初の日本人

 ジョン万次郎の人生はまさに波瀾� �はらん)万丈だ。土佐の漁師見習い� ��った14歳のとき、しけに遭い、太平� ��の鳥島に流れ着く。たまたま通りか かった米国捕鯨船のホイットフィー� �ド船長に救われた。家族同様に迎え� ��れられた万次郎はマサチューセッツ 州の私立学校を首席で卒業したとい� �れる。恵まれた生活だったが、鎖国� ��にあった祖国を憂い帰国を決意。嘉 永4(1851)年、ペリーが開国� �迫る2年前、琉球を経て10年ぶりに� �郷の地を踏んだ。その後、米国に渡� ��た初の日本人として幕府や藩に登用 され、開国や日米友好を訴え続けた� �造船、測量、航海などの先進技術や� ��際情勢も伝え、人材を育て上げる。

 「そんな万次郎が終生忘れなかっ� �のが、ホイットフィールド船長や家� ��への恩義なんです」。時は明治に移 り、新政府の命で、万次郎は通訳と� �て渡米。1870年、公務の合間に� ��船長が暮らす懐かしの街フェアヘー ブンを訪ねた。21年ぶりの再会は万次 郎43歳、船長は65歳だった。町民が次� ��と集まり、お祭り騒ぎになったとい う。

◆最晩年に託した思い

 そして本題の手紙である。万次郎� �同じく海を愛した三男、慶三郎は海� ��省経理局の主計大尉になっていた。 1898年、米国に初めて出張する� �、老父からホイットフィールド家へ� ��手紙を託される。最後の再会から28� ��が過ぎていた。だが、慶三郎が事前 に送った手紙には返事がない。約3� �月の滞在も終わりかけたころ、一通� ��手紙が届く。ホイットフィールド船 長の長男マーセラスからだった。そ� �には郵便の遅配があったこと、父母� ��亡くなったが生前は万次郎を常に誇 りに話していたこと、これを機に両� �の友好を深めていきたいことなどが� ��づられていた。慶三郎はすぐに時間 をつくり、米海軍の協力でマーセラ� �と対面を果たす。

 「このときに私の祖父慶三郎が捜� �当てなければ両家は永遠に関係が切� ��ていたかもしれない」。膨大な資料 を基に万次郎の生涯を本にまとめて� �た中濱さんは、そう感じている。日� ��が戦火を交える冬の時代も経て、両 家の交友は5代にわたり続く。それ� �けではない。万次郎の故郷土佐清水� ��とフェアヘーブンは姉妹都市となり 、今では短期留学制度も設けられて� �る。「若い世代の異文化交流を残し� ��ことが万次郎の一番の功績ではない でしょうか」。中濱さんは曾祖父の� �険譚(たん)を満足そうに語り終え� ��。


http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1010130016/