生後14カ月で「日本語耳」 外国� �苦手の原因に

 日本人が外国語の音の聞き分けが� �手な原因の一つとされる「日本語耳� ��を、生後14カ月の赤ちゃんが獲得 しているとの研究結果を、理化学研� �所とフランスの研究チームが12日� ��でにまとめた。

 日本語の音韻体系がこの時期には� �に身に付いていることを示すもので� ��どのようにして母国語を習得するか の理解や、音韻が大きく異なる外国� �の習得法開発につながるのではない� ��という。

 日本語は母音だけか、子音と母音� �組み合わせており、子音の連続はな� ��。このため日本人は母音がない外国 語を聞くと、日本語に合うように「� �」や「お」の母音を挿入し、日本語� ��「修復」して聞く。これが「日本語 耳」で、発音も修復したものになる� �みられている。

 研究では、日本とフランスの生後� �カ月と14カ月の乳幼児各24人(� ��96人)に、子音の連続語や、子音 と母音の組み合わせ語を聞かせたと� �ろ、生後14カ月では日本の赤ちゃ� ��だけが区別できなくなった。

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101201000936.html