朝は1分でも1秒でも長く寝ていた� �。特に冬の朝などは。ぬくぬくとし� ��寝床を離れるときほど、つらく、悲 しい瞬間はない

▼たぶん皆がそうだろうと思いつつ� �待てよ、もしかしたら自分だけ群を� ��いた無精者なのか。そんな不安に駆 られている人をおもんばかったのだ� �う。東京の気象情報会社が、冬の朝� ��目覚めてから布団を出るまでに一体 何分かかるかを調べた

▼結果は全国平均で13・3分だそ� �である。「えい、やあ」と布団をは� ��のけるべきか、いやもう少しこのま まぬくぬく感に浸っていようか。朝� �寝床で、日本中の人たちがそれほど� ��時間をかけて葛藤しているのだと考 えると、なぜかほっとする

▼最短は徳島と宮崎の11分。長い� �は鳥取、熊本、広島。比較的温暖な� ��日本の3県が15〜16分かかるの が意外だ。秋田は30位だが、13� �7分と平均値に近い。このデータを� ��る限り「ひやみこき」ではないこと が分かる。胸を張ろう

▼ことしの流行語大賞はNHKドラ� �で話題になった「ゲゲゲの〜」だっ� ��。漫画家の水木しげるさん夫妻が一 緒に夢をつかんでいく物語。昭和の� �気も重なり好評を得た。水木さんが� ��康で長く仕事を続けられる秘訣(ひ けつ)は、眠れるだけ眠ることなの� �そうだ。サラリーマンにはまねでき� ��いが…

▼布団は古くはぜいたく品だ。後に� �寒で用いられるようになった。だか� ��冬の季語らしい。「無精さや蒲団の 中で足袋をぬぐ」(正岡子規)。布� �のぬくもりが、じわり伝わってくる� ��

http://www.47news.jp/47topics/e/185503.php

Chia nhau mỗi người 1 câu đi nhé :biggrin: